[文字サイズの変更]
 
©2018 数学クラブ http://sugaku.club/
月     日(     ) 
● 起こりやすさの実験と相対度数      [2Q0-01]
(1)  2枚のコインを何回か投げた時,2枚とも表になったときの回数を記録しました.2枚とも表になる確率 を求めなさい.また,2枚のコインを何回か投げた時,2枚とも表になったときの回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
表表4692047139255
表表以外6144180153361745
表表の相対度数            0.180.200.24      0.26
(2)  コインを何回か投げた時,出た面の回数を記録しました.表の出る確率 を求めなさい.また,コインを何回か投げた時,出た面の回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
672251100245476
4132849100255524
表の相対度数0.600.35      0.51      0.49      
(3)  2枚のコインを何回か投げた時,1枚が表もう1枚が裏になったときの回数を記録しました.1枚が表もう1枚が裏になる確率 を求めなさい.また,2枚のコインを何回か投げた時,1枚が表もう1枚が裏になったときの回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
表裏4132553103253499
表表または裏裏67254797247501
表裏の相対度数0.400.650.50            0.51      
 
 
©2018 数学クラブ http://sugaku.club/
月     日(     ) 
【解答例】
(1)  2枚のコインを何回か投げた時,2枚とも表になったときの回数を記録しました.2枚とも表になる確率 を求めなさい.また,2枚のコインを何回か投げた時,2枚とも表になったときの回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
表表4692047139255
表表以外6144180153361745
表表の相対度数0.400.300.180.200.240.280.26
(2)  コインを何回か投げた時,出た面の回数を記録しました.表の出る確率 を求めなさい.また,コインを何回か投げた時,出た面の回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
672251100245476
4132849100255524
表の相対度数0.600.350.440.510.500.490.48
(3)  2枚のコインを何回か投げた時,1枚が表もう1枚が裏になったときの回数を記録しました.1枚が表もう1枚が裏になる確率 を求めなさい.また,2枚のコインを何回か投げた時,1枚が表もう1枚が裏になったときの回数を記録しました. 表の空欄に値を小数第3位を四捨五入して書きなさい.
回数1020501002005001000
表裏4132553103253499
表表または裏裏67254797247501
表裏の相対度数0.400.650.500.530.520.510.50
  1. (1)
  2. およそ0.26
  3. (2)
  4. およそ0.48
  5. (3)
  6. およそ0.50