[文字サイズの変更]
 
©2019 数学クラブ http://sugaku.club/
月     日(     ) 
● 実験の結果から確率を求める      [2Q1-00]
(1)  ある都市の昨年1年間(365日)の天気の記録から,晴天であった日数を調べると150日でした.この都市の昨年の晴天の確率を小数第2位まで求めなさい.
(2)  硬貨をくり返し300回投げた時,表が出た回数を調べたところ159回でした.表が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
(3)  さいころをくり返し1000回投げた時,1の目が出た回数を調べたところ162回でした.1の目が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
(4)  さいころをくり返し1000回投げた時,1の目が出た回数を調べたところ164回でした.1の目が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
(5)  ある都市の昨年1年間(365日)の天気の記録から,晴天であった日数を調べると146日でした.この都市の昨年の晴天の確率を小数第2位まで求めなさい.
 
 
©2019 数学クラブ http://sugaku.club/
月     日(     ) 
【解答例】
(1)  ある都市の昨年1年間(365日)の天気の記録から,晴天であった日数を調べると150日でした.この都市の昨年の晴天の確率を小数第2位まで求めなさい.
150
≒0.41
 
 
365
(2)  硬貨をくり返し300回投げた時,表が出た回数を調べたところ159回でした.表が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
159
=0.53
 
 
300
(3)  さいころをくり返し1000回投げた時,1の目が出た回数を調べたところ162回でした.1の目が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
162
≒0.16
 
 
1000
(4)  さいころをくり返し1000回投げた時,1の目が出た回数を調べたところ164回でした.1の目が出る確率を小数第2位まで求めなさい.
164
≒0.16
 
 
1000
(5)  ある都市の昨年1年間(365日)の天気の記録から,晴天であった日数を調べると146日でした.この都市の昨年の晴天の確率を小数第2位まで求めなさい.
146
=0.40
 
 
365
  1. (1)
  2. およそ0.41
  3. (2)
  4. およそ0.53
  5. (3)
  6. およそ0.16
  7. (4)
  8. およそ0.16
  9. (5)
  10. およそ0.40